水彩画入門書について

水彩画入門書について

水彩画入門書を購入する時には、実際に手にとって、中を見てから買った方がいいと思います。
水彩画入門書に掲載されている作例が自分の好みかどうかも重要ですし、自分にとってわかりやすいかも確認してください。
描きたい題材が決まっているのなら、そのテーマに絞り込んだ水彩画入門書を買いましょう。
主に描きたいのが風景画なら、奥津国道の「水彩画プロの裏ワザ」がオススメです。
作例がとてもキレイで、プロセスが丁寧に解説されています。
続編も合わせて購入すると、かなりの技術が身につくはずです。
女性にオススメなのが、「『ちょこっとスケッチ』を楽しもう タマちゃんのお手軽水彩入門」。
野菜や果物、花、風景、人物など、身近な題材をテーマにしているので、参考にしやすいと思います。
俳優として活躍しながら個展なども開いている榎本孝明の「いい加減なスケッチのすすめ」も、水彩画なんて難しいと思っている人には読んでみてほしい一冊です。
画家であり、美術教師でもあるシャロン・フィンマークの「花の水彩画入門3」には、庭園の描き方が詳しく書かれています。
アルウィン・クローショーの「アルウィンの水彩画入門」もシリーズで出ていますから、知りたいテーマに合わせて購入するといいでしょう。
「ネコの描きかた」や「イヌの描きかた」のように、とてもテーマを絞り込んだ水彩画入門書もあります。
できれば、そのまま作例を真似して描いて練習できるくらい、自分の好みの作風の水彩画入門書を買うといいです。

関連ページ

水彩画の描き方について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画の画材について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画の風景の選び方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画教室の種類
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
ファンタジック水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
パソコンの水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。