水彩画の描き方について

水彩画の描き方について

水彩画描き方について簡単に説明します。
まず、水彩画は筆に含ませる水分量と紙の上にのせる水分量で、色のつき方やにじみ方が変わるのが特徴です。
この変化をコントロールして、自分の思うような表現を楽しむためには、とにかく、枚数を描いてコツをつかむことだと思います。
水彩画描き方の手順としては、鉛筆で薄く下書きを描いた後、画面全体を湿らせてから、極力薄めに色を塗ってください。
陰になる部分から塗っていき、色を重ねて輪郭を描きます。
細部を描き込んで、濃い色を強調するように補強して、仕上げです。
水彩画の描き方には、いろいろなやり方があるので、自分の好みに合った水彩画の描き方が載っている本などで勉強するといいでしょう。
最初は、描きたいと思う水彩画が載った本のやり方をそのまま真似して、手本の通りに描いてみるのもいい方法かもしれません。
水彩画の主な技法としては、ウエット・オン・ウエット(たっぷりと湿らせた紙に充分に水を含ませた筆で描く)、ドライ・オン・ウエット(たっぷりと湿らせた紙にしっかりと水気を切った筆で描く)、ドライブラシ(乾いた紙に水気を充分に切った筆で描く)、拭き取り画法(きれいな水気を切った筆で絵の具を拭き取る)、こすり取り画法(完全に乾いた絵の具を先の尖ったナイフなどを使ってこすり取る)、拭き取り&重ね塗り(乾いた絵の具を水で濡らして拭き取り、乾かないうちに着色し、乾いたらまた拭き取って・・・と繰り返す)、マスキング(絶対に色をつけたくない部分に、予めマスキングテープやマスキング液を塗っておく)などがあります。

関連ページ

水彩画の画材について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画の風景の選び方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画教室の種類
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
ファンタジック水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
パソコンの水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画入門書について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。