水彩画の画材について

水彩画の画材について

水彩画画材についてですが、初心者はまず、安いもので必要最低限だけ揃えて、徐々に増やしていくのがいいと思います。
水彩画には透明水彩絵の具を使うのが一般的なようです。
でも、小学校の頃に使ったような不透明絵の具を組み合わせても、面白い絵が描けます。
最初は、12色くらいの水彩絵の具セットを買って、少しずつ、ほしい色を追加して買っていくといいでしょう。
チューブに入った絵の具の他にも、固形になっている絵の具もあり、携帯に便利です。
画筆は、軟毛でできた筆が適していて、とりあえずは細めの筆と太めの筆、平筆の三本くらいあるといいと思います。
でも、6号前後の丸筆一本でも描けるので、描きながら好みで増やしていくといいかもしれません。
描くときの用紙を変えるだけでも、絵に変化を出すことができます。
細目、中目、荒目といろいろありますが、230g以上の紙にすると、水分を含んでも反りにくいのでいいです。
繊細な絵を描きたいときには細目の紙を使い、大胆なタッチで描きたいときには荒目の紙を使うといいでしょう。
下書き用の鉛筆は、H〜Bくらいの芯が柔らかいものを使い、消すときにも用紙を傷めないように、練りゴムを使う方がいいです。
筆洗いは、コップなどでも代用できるので、買わなくてもかまいません。
その他にも、油性のサインペンや古いタオル、ティッシュ、画台などもあると便利です。
試し塗り用の紙も用意しておくと、思い通りの色になっているか確認できます。

関連ページ

水彩画の描き方について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画の風景の選び方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画教室の種類
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
ファンタジック水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
パソコンの水彩画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水彩画入門書について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。