水墨画の画家の有名人

水墨画の画家の有名人

水墨画家の有名人といえば、真っ先に雪舟(せっしゅう)が思い浮かびます。
雪舟の名前は知らなくても、お寺の仏堂の柱に縛り付けられて、足の指を使って流した涙でねずみを描いたという話はきいたことがある人も多いのではないでしょうか。
日本の水墨画の流れを変えたといわれる雪舟の水墨画作品は、東京国立博物館や京都国立博物館、山口県立美術館などでみることができます。
国宝に指定されている作品が多いだけに、贋作も多く作られる水墨画の大家です。
雪舟五代を自称した長谷川 等伯(はせがわ とうはく)も、国宝指定や重要文化財指定されている作品の多い水墨画家で、「松林図」屏風が特に有名だと思います。
襖絵や屏風絵の他に、武田信玄像などの人物画や釈迦・多宝仏図のような仏画も描いている水墨画家です。
長谷川 等伯の水墨画は、現代人でも圧倒される斬新な作風で、時代を感じさせない魅力があります。
吉山 明兆(きつさん みんちょう)は、禅宗系仏画で有名な水墨画の大家です。
「寒山拾得図」や「四十八祖像」が有名でしょう。
画聖と呼ばれる雪舟に祖と仰がれた如拙(じょせつ)は、「瓢鮎図(ひょうねんず)」が代表作です。
現代水墨画の大家であった山田 玉雲(やまだ ぎょくうん)は、十二支動物の描き方の本を多数出版していました。
他にも、龍や富士山の描き方など、水墨画を趣味とする人にとって参考になる本をたくさん遺しています。
ちょっと異色の水墨画家としては、大野 勝彦(おおの かつひこ)が有名でしょう。
彼は農作業中の事故で両腕を失ってから、水墨画を始めました。
墨彩画に詩をつけた彼の作品は、多くの人に感動を与えています。

関連ページ

水墨画教室の種類
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水墨画の描き方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
水墨画用品について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
雪舟の水墨画
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
牡丹の水墨画
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
宮本武蔵の水墨画
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
中国の水墨画について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。