油絵の風景画について

油絵の風景画について

油絵風景画は、その独特の質感が魅力です。
でも、自分で油絵風景画を描こうとすると、ちょっとハードルが高いという人が多いかもしれません。
油絵風景画を描くためには、用意しなければならない道具が多いですし、後片付けも大変です。
キャンバス、油絵の具、筆、パレット、絵の具を溶く油に、筆を洗う油も必要でしょう。
イーゼルなどもあった方がいいので、油絵初心者は全ての道具が保管できる絵画教室などに通うと、いろいろと便利です。
通うのが面倒な人には、油絵に必要な道具一式がセットになった油絵通信講座をオススメします。
自分で一から道具を揃えるとなると、なかなか大変ですし、独学で油絵の描き方を学ぶのも難しいでしょう。
油絵風景画の描き方にもいろいろな流派がありますが、一般的な描き方は以下のような手順です。
キャンバスに下絵を描く前に、描きたい風景をスケッチし、キャンバスに描く範囲を決めておきます。
細部をスケッチしたり、色の配置なども考えておくといいでしょう。
スケッチが完成したら、イエローオーカーなどの色でキャンバスに下絵を描いていきます。
下絵は輪郭を描く程度で充分です。
細かく描いても、色を塗る段階で修正するので、無駄になると思います。
下絵ができたら、影になる部分にざっと色を入れてから、一通り色を塗りますが、最初は塗り絵のように大雑把に塗り、徐々に細部を仕上げていくのが基本です。
全体の構成をみながら、細部を描き込んだ後、ワニスを塗って乾かします。
さらに、細部を描き込み、立体感などを強調して完成です。

関連ページ

風景画の描き方について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
色鉛筆での風景画の描き方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
風景画のスケッチのやり方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
風景画の写真の撮り方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
フィレンツェ風景画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。