風景画の写真の撮り方

風景画の写真の撮り方

風景画写真の撮り方のコツは、なるべく同じ風景を違う撮り方で撮ることです。
同じ風景でも切り取り方や使うレンズ、シャッタースピードなどのモードを変えることによって、違う写真へと変化します。
どういう風に撮った風景画写真が一番、自分が被写体となった風景から受けた感動をみた人に伝えやすいか、撮った後に並べてみて、よく比較してみましょう。
風景画写真を撮るのが上手な人の作品をたくさんみて、参考にするのもいいと思います。
初心者はよく、目にみえる風景全てを写真に撮ろうとしてしまいがちです。
ですが、横長に何もかもを撮った風景画写真は、何に感動したのか対象がぼやけてしまうことが多いもの。
あえて縦長に撮って、対象を絞り込み、感動したものを強調するのも一つの方法です。
自然の風景を撮る場合は、電線や電信柱などの人工物がなるべく写り込まないようにするのもポイントになります。
余白を上手く使って感動したものを強調したり、対象にピントを合わせて他の部分はあえてボカすというのも有効な手段です。
偏光フィルターを使用すれば、紅葉の赤さや雲の白さ、空の青さなどが強調された風景画写真が撮れます。
手作りでレフ板を作るのも、オススメの方法です。
風景画写真の撮影によく使われる広角レンズで、近くにあるものを至近距離で撮りながら背景である風景を効果的に入れても、面白い写真が撮れると思います。
逆光を使ったり、他の人が撮らないアングルを追求するのも個性が出ていいかもしれません。

関連ページ

風景画の描き方について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
色鉛筆での風景画の描き方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
油絵の風景画について
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
風景画のスケッチのやり方
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。
フィレンツェ風景画とは
素人でも手軽に始められる水彩画・風景画。水彩画・風景画は、写真とは違う、自分の味を出すことができます。ここでは水彩画・風景画の道具の選び方や描き方を紹介しています。